【プロテインの種類まとめ】ホエイとソイの違いについて。

プロテインにも色んな種類があります。

知名度が高く代表的ものは、ホエイプロテインとソイプロテインです。

筋トレを初めたばかりの人だと、ホエイとソイのどちらを飲んだ方が良いか迷いますよね。

この記事ではホエイとソイの特徴について、簡単にまとめてみました。

筋肉をつけるのに効果的で主流なのはホエイプロテイン

ホエイプロテインは筋トレで最も主流のプロテインです。

ソイに比べて飲みやすいので、これからプロテイン飲もうと思っている人にはお勧めです。

  • 吸収が早い
  • 筋肉肥大に最も効果が高い
  • 品揃えが豊富
  • 水に溶けやすい
  • 味が美味しく飲みやすいものが多い
  • 効果の持続時間が短い
  • お腹が痛くなる、または下痢しやすくなる

ホエイプロテインは吸収が早い

ホエイプロテインは吸収が早く、飲んでから一時間くらいで吸収することが出来ます。

そのため筋トレ後の体が栄養を欲しているゴールデンタイムに飲むのが効果的です。

ホエイプロテインは商品の種類が多く、飲みやすい

ホエイプロテインは最も主流のプロテインなので、メーカーも多くの種類を取り扱っています。

特に海外のプロテインはホエイプロテインが圧倒的に多いです。

味の種類もたくさんあり、水で飲んでも美味しく飲むことが出来ます。

定期的に味の種類を変えることで、味に飽きることを防げるのもメリットですね。

そして、水にも溶けやすく、少量の水で飲んでもドロドロしにくいのが特徴です。

お腹が痛くなる

ホエイプロテイン最大のデメリットは、人によってはお腹が痛くなることですね。

ホエイは牛乳で出来ているので、牛乳を飲んでお腹をくだす人はあまり向いていないです。

ただ、ホエイプロテイン種類によっては、お腹を下しにくく作られている商品も存在します。

ただ、普通のプロテインよりも値段が高いので、オススメは出来ませんが・・・。

ソイプロテイン実は中級者向け?特徴まとめ

ソイプロテインはホエイのように吸収が早くない分、効果が持続します。

  • プロテインの効果が持続する
  • ホエイプロテインより不味い
  • 水に溶けにくい
  • 味の種類が少ない

プロテインの効果が持続する

ソイプロテインは消化吸収が緩やかなので、効果が持続してくれます。

睡眠中は長時間栄養が確保できないので、タンパク質が不足します。

なので、就寝前などにソイプロテインを飲んでおくのが効果的です。

ホエイプロテインより飲みずらい

ソイプロテインは味が不味くナチュラルのものだと、ほとんどの人が飲めません。

ホエイプロテインもナチュラルだと不味いのですが、ソイに比べると遥かにマシです。

そのため、ソイプロテインはベースが不味すぎるので、甘味料を使用していても不味くなりがちです。

さらに水にも溶けにくく、ドロドロになりやすいです。

水の量をホエイプロテインと同じ感覚で入れると、ドロドロすぎてビックリすることがあります。

品ぞろえが悪い

ソイプロテインはホエイプロテインに比べて、味の種類が比較的少ないです。

例えばマイプロテインというメーカーはホエイプロテインの味の種類が多く、50種類以上のフレーバーがあります。

ですがソイプロテインはたったの4種類しかありません。

味が合わない人はソイプロテインを飲むのを諦めるか、ホエイと一緒に混ぜて味のバリエーションを増やす必要があります。

まとめ

ホエイもソイもそれぞれ良いところと悪いところがあるので、用途に応じて使い分けるのがベストです。

ソイに関しては筋トレ初心者や健康目的で飲もうと思っている人にとって、飲みずらいという致命的な欠点があります。

ですが、ホエイもソイも特徴に多少の違いがありますが、筋肉を大きくするのにはどちらも有効だということです。

プロテインを飲み始めようと思っている方は、まずはホエイプロテインから入るのがいいかもしれませんね。

タンパク質とアミノ酸 前編: 山本義徳 業績集 2

 

広告
最新情報をチェックしよう!